コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボン酸エステラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

カルボン酸エステラーゼ

 [EC3.1.1]群の酵素の総称.カルボン酸エステルヒドロラーゼともいう.カルボン酸エステルを加水分解する反応を触媒する酵素.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

カルボン酸エステラーゼの関連キーワードホスホリパーゼフォスフォリパーゼジペプチジルアミノペプチダーゼホスホジエステラーゼグリコシダーゼα-アミラーゼグリコシダーゼフォスファターゼアミラーゼアンギオテンシナーゼ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android