コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホリパーゼ ホスホリパーゼ phospholipase

3件 の用語解説(ホスホリパーゼの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホスホリパーゼ(phospholipase)

リン脂質加水分解する酵素の総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホスホリパーゼ

リン脂質加水分解酵素。基質としてレシチンが代表的なためレシチナーゼとも。切断する基質の鎖の位置の違いから,ホスホリパーゼA,B,C,Dなどが区別される。いずれも熱に安定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ホスホリパーゼ

 グリセロリン脂質の各種のエステル結合加水分解を触媒する酵素.多種類が知られている.A1:[EC3.1.1.32](グリセロールの1位のアシル基を遊離させる),A2:[EC3.1.1.4](グリセロールの2位のアシル基を遊離させる),B:[EC3.1.1.5](リゾグリセロホスホリピドからアシル基を遊離させる),C:[EC3.1.4.3](ホスファチジルコリンが基質),[EC3.1.4.10](ホスファチジルイノシトールが基質),[EC3.1.4.11](ホスファチジルイノシトール-4,5-ビスリン酸ホスホジエステラーゼが基質),D:[EC.3.1.4.4](塩基との間を加水分解)など.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホスホリパーゼの言及

【消化酵素】より

… 唾液の中にはデンプン分解酵素である唾液アミラーゼ,胃液中にはタンパク質分解酵素であるペプシンがあり,酸性の環境ではたらく。膵液中にはデンプン分解酵素として膵アミラーゼ,タンパク質分解酵素としてトリプシン,キモトリプシン,カルボキシペプチダーゼ,エラスターゼなど,脂肪分解酵素としてリパーゼ,ホスホリパーゼなどがある。これらは中性ないし弱アルカリ領域ではたらく。…

【リン脂質(燐脂質)】より

…この過程には種々の特異性をもつリパーゼが重要な役割を担っている。例えばホスホリパーゼA2はグリセロリン酸の2位のエステルを加水分解し,リゾホスホリピドを生じるが,この物質はさらに分解されるか,アシルCoAからアシル基転移酵素によって別のリン脂質に変化させられる。種々のホスホリパーゼの作用部位をPCを例にとって図5に示す。…

※「ホスホリパーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホスホリパーゼの関連キーワード複合脂質リン脂質グリセロールグリセリン脂肪酸エステルグリセロ糖脂質グリセロリン脂質グリセロールリン酸血中脂質トリアシルグリセロールリン脂質(燐脂質)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホスホリパーゼの関連情報