コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロス1世 カルロスいっせいCarlos I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロス1世
カルロスいっせい
Carlos I

[生]1863.9.28. リスボン
[没]1908.2.1. リスボン
ポルトガル王 (在位 1889~1908) 。ルイス1世の子。アフリカ植民地問題をめぐってイギリスに譲歩し,二大政党に基づく立憲王制の弱体化をもたらした。 1906年ジョアン・フランコの独裁を認めたが,共和主義者の反発を招き,皇太子ルイス・フェリペとともに暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カルロス1世

生年月日:1863年9月28日
ポルトガル王(在位1889〜1908)
1908年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

カルロス1世の関連キーワードマドリードのエルヴィーナスとオルガン奏者とキューピッドマルゲリータ・ディ・パルマモル・ファン・ダスホルストガルシラソ・デ・ラ・ベガヒメネス・デ・シスネロスセバスティアン(待望王)アウクスブルクの宗教和議マクシミリアン(2世)ボスカン・アルモガベルジョアン3世(敬虔王)カルダスダライーニャフリードリヒ[3世]インディアス枢機会議天下文明極上カステラフランソア[1世]フェリペ[2世]コムネロスの反乱フアナ・ラ・ロカカルロス五世宮殿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルロス1世の関連情報