カルロ・マリア ジュリーニ(英語表記)Carlo Maria Giulini

20世紀西洋人名事典の解説

カルロ・マリア ジュリーニ
Carlo Maria Giulini


1914.5.9 -
イタリア指揮者。
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督。
ヴァローナ近郊バルレッタ生まれ。
ローマのサンタ・チェリリア音楽院でヴィオラ作曲を、指揮を学ぶ。ヴィオラ奏者を経て、1944年指揮者としてデビュー。’45〜52年ローマ放送交響楽団、ミラノ放送交響楽団、’54〜57年ミラノ・スカラ座を経て、’55年シカゴ交響楽団を指揮してアメリカ・デビューし、’69年には同交響楽団主席客演指揮者となる。その後、’73ウィーン交響楽団音楽監督、’76年同主席客演指揮者を歴任後、’78年ズービン・メータの後任としてロサンゼルス・フィルハーモニー音楽監督に就任し、注目を集める。’60年初来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カルロ・マリア ジュリーニ

生年月日:1914年5月9日
イタリアの指揮者
2005年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android