コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロテン当量

1件 の用語解説(カロテン当量の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カロテン当量

 「β-カロテン当量」として使われる.プロビタミンAとしてのカロテンの効力を示す方法で,β-カロテンがall-trans-レチノールの50%の生理活性をもち,それ以外のプロビタミンAの作用をもつカロテンがβ-カロテンの50%程度の生理活性をもつことから,食品中の全カロテンの生理活性をβ-カロテンの活性に変換して表示する方法.ビタミンAの国際単位は1単位を0.3μgのall-trans-レチノールとして0.6μgのβ-カロテンとするが,レチノール当量ではβ-カロテンから生成するレチナールは吸収率が低いため活性はさらに低くなりall-trans-レチノールの1/6,他のカロテンはその半分で1/12としている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロテン当量の関連キーワードカロテン当量カロチンβカロテンβ-カロテンカロテン過剰症シアノコバラミン当量ビキシンフィロキノン当量レチノール当量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone