コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワサキ650-W1

2件 の用語解説(カワサキ650-W1の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

カワサキ650-W1

メグロ製作所のK1型をベースに輸出向けに開発したカワサキ初の4ストロークスポーツモデル。世界のトップレベルマシン(英国車)と競う日本最大排気量の\"世界戦略車\"。ミッション別体のクランクケース、英国車様式に習って右シフト、左ブレーキ保管場所川崎重工業(株) CP事業部営業業務部 (〒673-8666 明石市川崎町1-1)
製作(製造)年1966
製作者(社)川崎航空機工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・非公開
車名カワサキ
型式W1(650-W1)
会社名川崎重工業株式会社
車種・用途自動二輪車
実車所在/模型川崎重工業株式会社
製作開始年1966
スタイルオートバイ
乗員2名
車両重量181kgf(Dry)
全長2,125mm
全幅880mm
全高1,060mm
前照灯セミシールドビーム
タイヤサイズ(前)3.25-18
タイヤサイズ(後)3.50-18
フレーム鉄パイプダブルクレードル
懸架方式(前)テレスコピック式
懸架方式(後)スイングアーム式
軸距1,415mm
車高調整なし
ステアリングバーハンドル
ブレーキ(前)機械式ダブル2リーディング
ブレーキ(後)機械式リーディングトレーリング
ダンパー(前)あり
ダンパー(後)あり
走行安定装置なし
種類空冷4サイクルガソリン
気筒配列直2横置
弁機構OHV
気化器あり
内径x行程74.0×72.6
排気量0.624L
点火系バッテリー点火
最高出力/回転数47ps/6500rpm
排気浄化消音マフラー
過給機なし
潤滑方式ドライサンプ
始動方式キック式
燃料タンク容量15L
変速機4段リターン
動力伝達方式チェーン式
クラッチ形式湿式多板-コイルスプリング
その他事項燃料噴射:なし;比出力:75.3ps/L;最高速度:180kph;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

カワサキ650-W1

カワサキ(川崎重工業)が1966年から製造・販売したオートバイ。総排気量624cc(大型自動二輪車)。エンジン形式は空冷4ストローク2気筒。世界戦略車として位置づけられ、発売当初、日本で最大の排気量を誇った。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワサキ650-W1の関連キーワードカワサキ350SSマッハIIカワサキ750RSカワサキ750ターボカワサキ750FOURカワサキ250SSマッハIカワサキ400SSマッハIIカワサキ650RS-W3KH400Z650川崎汽船[株]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone