排気量(読み)ハイキリョウ

百科事典マイペディアの解説

排気量【はいきりょう】

総排気量,総行程容積などとも。自動車のエンジンなど往復動の内燃機関では,シリンダー内でピストンが往復運動するとき,シリンダーから排出されるガスの容積(シリンダー断面積×行程×シリンダー数)のことをいう。単位はccまたはリットル。一般にエンジンの大きさ,出力の目安に用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はいきりょう【排気量】

内燃機関で、ピストンが最下の位置から最上の位置まで動いたときに押しのける気体の体積。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はいき‐りょう ‥リャウ【排気量】

〘名〙 エンジンなどの熱機関で、気筒内のピストンが一番上の位置から一番下の位置まで下がるときに排出される気体の量。
※道路交通法(1960)二条「総理府令で定める大きさ以下の総排気量」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排気量の関連情報