カワレロビチ(読み)かわれろびち(英語表記)Jerzy Kawalerowicz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワレロビチ
かわれろびち
Jerzy Kawalerowicz
(1922―2007)

ポーランドの映画監督。第二次世界大戦後クラクフの国立美術大学に学びながら、同市の映画予備学級(ウージの国立映画大学の前身)に通う。ワンダ・ヤクボフスカ、アレクサンドル・フォルトのもとで助監督をしたのち、1952年共同監督作品『群衆』でデビュー。1954年、大戦間の労働者を描いた『セルローズ』『フリジアの星の下で』によって新進監督として注目を集めた。さらに、『影』(1956)、『戦争の真の終り』(1957)、『夜行列車』(1959)、『尼僧ヨアンナ』(1961)の一連の作品でみせたネオレアリズモにより、アンジェイ・ムンク、アンジェイ・ワイダらとともにポーランド派と称され、国際的に高い評価を受けた。そのほかの作品に『大統領の死』(1977)、『洋上での出会い』(1980)、『クォ・ヴァディス』(2001)がある。[山田正明]

資料 監督作品一覧

セルローズ Celuloza(1954)
フリジアの星の下で Pod gwiazd frygijsk(1954)
影 Cie(1956)
戦争の真の終り Prawdziwy koniec wielkiej wojny(1957)
夜行列車 Pociag(1959)
尼僧ヨアンナ Matka Joanna od aniolw(1961)
太陽の王子ファラオ Faraon(1966)
大統領の死 mier prezydenta(1977)
洋上での出会い Spotkanie na Atlantyku(1980)
オーストリア Austeria(1983)
クオ・ヴァディス Quo vadis?(2001)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android