コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンダハール州 カンダハールQandahār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンダハール〔州〕
カンダハール
Qandahār

アフガニスタン南部の州。州都はカンダハール。東と南はパキスタンとの国境に接する。南部は平坦な砂漠,北部は山岳地帯で,住民はアルガンダーブ川,タルナク川,アルガスターン川に灌漑される山麓のオアシスの農業地域に集中している。コムギなどの穀物,羊毛,果物を産する。また,カンダハール市からパキスタンのクウェッタにいたるハイウェーによって貿易が行われている。なお,金,準宝石の産出もある。おもな住民はアフガン人のドゥラーニー族とギルザーイ族。面積4万 7666km2。人口約 57万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンダハール州の関連キーワードダーウド・カーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android