コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントに帰れ カントにかえれZurück zu Kant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントに帰れ
カントにかえれ
Zurück zu Kant

カント復興」ともいう。新カント派の先駆者 O.リープマンがその著『カントとその亜流』 (1865) の各章末に繰返した語。カントの批判精神の復興を当時の哲学の急務とし,ここから新カント派が起り,彼らの標語ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カントに帰れの関連キーワード新カント学派批判哲学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android