コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンビュセス[2世] カンビュセス

2件 の用語解説(カンビュセス[2世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カンビュセス[2世]【カンビュセス】

アケメネス朝ペルシア帝国の王(在位前530年―前522年)。キュロス2世の子。前525年エジプトを征服してオリエント世界の統一を実現。その後ヌビアにも遠征したが中止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カンビュセス[2世]【Kambysēs II】

ペルシア帝国第2代の王。在位,前530‐前522年。キュロス2世の長子で皇太子の時にバビロン王をつとめた。前525年にはエジプトを征服し,オリエント古代世界の統一を実現した。彼はさらにヌビアに進軍したが,そのあいだにエジプトに反乱が起こった。遠征を中止してもどったカンビュセスははげしい弾圧をおこない,反乱に荷担した神官が属する神殿の破壊を命じた。前522年にマゴス祭司ガウマータが王弟バルディヤと偽って王位を簒奪(さんだつ)した事件が起こり,本国に帰る途中,シリアで没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカンビュセス[2世]の言及

【エジプト】より

ネコ(ネカウ)2世は,アッシリア再興のため援軍を送るが,前605年カルケミシュの会戦で新バビロニア王ネブカドネザル2世の軍に大敗し,以後アジアへの野心を放棄する。オリエント世界を統一したアケメネス朝ペルシアのキュロス2世(大王)の子カンビュセス2世は前525年エジプトを征服(第27王朝),第28~30王朝の下で一時的に独立を回復するが,再びペルシア帝国に併合され(第31王朝),前332年アレクサンドロス大王に征服される。相次ぐ異民族支配の下でエジプト文明はますます神殿と神官の手で担われていくことになる。…

【バビロニア】より


[アケメネス朝ペルシア時代]
 アケメネス朝ペルシアによるバビロニア支配は,都市の破壊や生活の混乱もなく始まった。初めはナボニドス時代の武将に支配がゆだねられるが,まもなくカンビュセス2世(前530‐前522)の支配するところとなる。カンビュセスの死後ペルシアでクーデタが勃発したのを機に,バビロニアは2度反乱を起こしたが,いずれも失敗した。…

【ペルシア帝国】より

…第2は遊放民の侵入に対する北東イラン辺境の防衛であり,そのためキュロスは中央アジアに遠征し,最後にサカ系遊牧民マッサゲタイと戦って没した。彼の後を継いだカンビュセス2世は,前525年にエジプトを占領して古代オリエント世界の統一を実現した。前522年にマゴス祭司ガウマータGaumātaによる王位簒奪事件が起こり,帰国の途中でカンビュセスが亡くなると,アケメネス一族のダレイオス1世がガウマータを倒して王位に就いた。…

※「カンビュセス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンビュセス[2世]の関連キーワードアケメネス朝フマーユーンペルシア戦争ペルシア帝国キュロス二世クセルクセスダレイオスイラン語ササン朝ペルシアペルシア猫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone