カンフル注射(読み)カンフルチュウシャ

デジタル大辞泉の解説

カンフル‐ちゅうしゃ【カンフル注射】

重病人の心臓のはたらきを強くするために用いるカンフル液の注射。
カンフル2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カンフルちゅうしゃ【カンフル注射】

心不全に対して用いられた強心剤の注射。血管運動中枢を刺激して血圧を高め、呼吸中枢を刺激して呼吸を増大させる作用をもつ。
活性を失った物事に対して、即効的回復効果を期待して行う事柄。カンフル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カンフル‐ちゅうしゃ【カンフル注射】

〘名〙
① 重病人の心臓のはたらきを強くするためにするカンフル液の注射。カンフル。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「忽ちカンフル注射でもされた如くに元気付く」
② (比喩的に) だめになりかけた物事に対して、すぐにそれを回復させる効果のあるもの。カンフル。
※北東の風(1937)〈久板栄二郎〉三幕「私の会社は〈略〉二十万三十万のカンフル注射位ぢゃどもならんのは確かです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のカンフル注射の言及

【カンフル】より

…ショウノウは医薬品のほか,セルロイド,火薬,フィルムなどの原料とされ,防虫剤,防臭剤などにも用いられる。カンフルは起死回生の強心薬としての意味をこめて比喩的に〈カンフル注射〉の言葉が用いられるが,現在では強心薬としての用途は限られている。カンフルの薬理作用として次のような性質が知られている。…

※「カンフル注射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android