コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンブリア カンブリア Cambria

翻訳|Cambria

3件 の用語解説(カンブリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カンブリア(Cambria)

英国のウェールズの古称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カンブリア【Cambria】

イギリス、ウェールズの古名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンブリア
かんぶりあ
Cumbria

イギリス、イングランド北西端を占めるカウンティ(県)。地方統治法(1972)に基づいて1974年に創設された。面積6824平方キロメートル、人口48万7607(2001)。県都はカーライル。旧県のカンバーランド、ウェスト・モアランド、ランカシャーおよびヨークシャーの一部、それにカーライルおよびバロー・イン・ファーネスの2市を含む。中央部から南西部を占めるカンブリア山地には数多くの氷食湖があり、湖水地方とよばれて多くの観光・保養客を集めている。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンブリアの言及

【カンブリア山地】より

…イギリス,ウェールズ地方の山地の総称名。カンブリアはウェールズの古称。北部・中部のスノードニア山脈,バーウィン山脈などは下部古生層の砂岩,粘板岩からなり,カレドニア造山運動で褶曲山地となった。…

※「カンブリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンブリアの関連キーワードウェールズ語ニューサウスウェールズプリンスオブウェールズ穴門コッホ城ハーレフバンゴールウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団BBCウェールズ交響楽団BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンブリアの関連情報