コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンブレー カンブレーCambrai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンブレー
Cambrai

フランス北部,ノール県南部の都市。付近を流れるエスコー川 (スヘルト川) はここからベルギーのヘントまで運河化 (サンカンタン運河) されている。ガロ・ローマ時代からの町で,5世紀には初期フランク王国の首都。 880年にノルマン人の侵入により破壊された。 1477年にはルイ 11世が占領。 1508年カンブレー同盟の締結地となり,ルイ 14世治下の 1677年にフランスに併合された。カンブレー織りなどの繊維工業,食品工業が盛んで,また酪農製品,アマ,家畜飼料,肉牛など,周辺農村の農産物の集散地となっている。 15世紀の物見やぐら (高さ 70m) や大聖堂がある。人口3万 4210 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カンブレーの関連キーワードジョン・フレデリック・チャールズ フラーマルガレーテ・フォン・エステルライヒシャンソン(フランス中世多声歌曲)ビラール・ド・オヌクールマクシミリアン(1世)インノケンチウス12世ルイーズ・ド・サボアナイメーヘンの講和ユリウス(2世)モンモランシー公マルプラケの戦いカンブレーの和約ベネチア共和国カール(5世)キャンブリッククレメンス7世イタリア戦争デュムーリエ戦車[現代]ラ・トゥール

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android