カンペチェ湾(読み)カンペチェわん(英語表記)Bahía de Campeche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンペチェ湾
カンペチェわん
Bahía de Campeche

メキシコ湾南西部の支湾。メキシコ南東部,テワンテペク地峡の北岸をなす開いた湾で,東岸はユカタン半島,西岸はベラクルス州南部となっている。湾にはパパロアパン,コアツァコアルコス,グリハルバ,ウスマシンタなどの川が注ぎ,湾岸は一部に山地が迫るほかは低地で,テルミノス湖をはじめとする潟湖や湿地帯が多い。湾岸から 1970年代に石油が発見され,同国有数の油田地帯になっている。湾岸の主要港湾都市はベラクルス,コアツァコアルコス,カンペチェで,湾岸道路によって結ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android