コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潟湖 セキコ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潟湖
せきこ

湾口に発達した砂州などにより外海と切り離されて生じた浅い湖。ラグーンlagoonともいう。潟(かた)と同義。汽水湖の多くが成因的には潟湖であり、日本の大きな湖のなかに占める地位は高い。代表例のサロマ湖(北海道)では、1929年(昭和4)に潮口が人工的に開削されており、また浜名湖(静岡県)では、1498年9月20日(明応(めいおう)7年8月25日)の東海道地震と1510年9月21日(永正(えいしょう)7年8月8日)の摂津(せっつ)・河内(かわち)方面の地震(1510)などによって砂州が切れたとされる。このように潟湖は、その形成史において汽水と淡水の状態を繰り返す場合が多い。[森 和紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の潟湖の言及

【湖沼】より

…(4)海の物理作用によるもの 沿岸流の力で海岸寄りに形成された砂州や砂嘴(さし)によって,海の一部が切り離されて湖沼化したもの。潟湖(かたこ)またはラグーンと呼ばれる。海水が供給されるため比較的塩分が多く,かつ浅い。…

【砂州】より

…海岸線に平行して沖合に発達する砂州はとくにバリアbarrier(沿岸州)とよばれ,アメリカ合衆国大西洋岸では大規模なバリアが発達する。砂州によって出口をふさがれた湾は潟湖(ラグーン)または海跡湖とよばれる。【米倉 伸之】。…

【ラグーン】より

…沿岸の浅海の一部が,砂州,沿岸州,砂嘴(さし)などにより外海と切り離され,浅い湖沼となったもので,潟(かた),潟湖(かたこ∥せきこ)とも呼ぶ。海水は1~数ヵ所より湖に流出入し,湖水は汽水となる。…

【ラグーン】より

…沿岸の浅海の一部が,砂州,沿岸州,砂嘴(さし)などにより外海と切り離され,浅い湖沼となったもので,潟(かた),潟湖(かたこ∥せきこ)とも呼ぶ。海水は1~数ヵ所より湖に流出入し,湖水は汽水となる。…

※「潟湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潟湖の関連情報