コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンボジア音楽 カンボジアおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンボジア音楽
カンボジアおんがく

(1) ジャヤバルマン2世によって建国されたアンコール王朝の王宮音楽は,スールヤバルマン2世によって建造されたアンコール・ワットや,ジャヤバルマン7世によって再建された9世紀のアンコール・トムなどの遺跡の壁画から推定される。その壁画に表わされている楽器の種類は二十余におよび,『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』などが音楽劇として行われていたことを示している。しかしこれらのクメール文化は,13~14世紀に領土を広げたスコータイ王国に引継がれ,タイで築き上げられることになる。 (2) プノンペン王朝に伝承されていた伝統音楽はタイから逆輸入したもので,タイ音楽のそれとほとんど変りない。楽器編成もタイのマホリがモホーリと呼ばれる程度の違いしかなく,主要楽器もタケー (タイのチャケー) ,トゥロ (タイのソー) ,ロネアート (タイのラナート) ,コーン・トム (タイのコーン・ウォン) など,わずかに呼び名が変るだけで,ほとんど共通している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android