コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カード預金 カードよきん

1件 の用語解説(カード預金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カード預金
カードよきん

普通預金であるが,預金通帳,届け出の印を使用しなくても,これに代えて取引金融機関が発行するカードによって預金の預け入れ払戻しができるもの。従来の普通預金は預金者が住所,氏名,取引用印鑑を届け出て口座を開設し,その店舗において預金通帳,届け出印で所定の手続をして預金の預け入れ,払戻しを行うものであったが,この従来の取引方法のうえにカードを併用して (取引用印鑑を届け出ずにカードだけの取引もできる) ,同一金融機関の本支店全店だけでなく,提携金融機関 (わずかの手数料が必要) でも預金の預け入れ,払戻しができるようにしたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カード預金の関連キーワード流動性預金準通貨総合口座通知預金無記名定期預金改印貯金通帳預金通帳スイングサービスM1M2M3

カード預金の関連情報