口座(読み)コウザ

大辞林 第三版の解説

こうざ【口座】

簿記で、資産・負債・資本の増減、損益の発生などを項目別に記入する所。勘定口座。
「預金口座」「振替口座」の略。 「銀行に-を設ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐ざ【口座】

こう‐ざ【口座】

〘名〙
簿記で各々の勘定が記入されるところ。資産、負債、資本の増減損益の発生などを各種類別に記録計算するために設けられる。勘定口座。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

口座の関連情報