コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーボンマイクロホン carbon microphone

大辞林 第三版の解説

カーボンマイクロホン【carbon microphone】

炭素粒間の接触抵抗が、音圧によって変わることを利用したマイクロホン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカーボンマイクロホンの言及

【マイクロホン】より

…結晶に圧力を加えると圧力に応じて結晶が変形し,その変形の程度に対応した電圧が発生することを利用したもの。 このほかに,音波による力を振動板を介して炭素粉に加え,炭素粉の接触抵抗の変化を電気信号として取り出すカーボンマイクロホンなどがある。また,比較的新しいものには,レーザー光を振動板に照射し,反射した光と照射した光の干渉の程度を測定することによって振動板の動きに対応した電気信号を得る光マイクロホン(あるいはレーザーマイクロホン)が試作されている。…

※「カーボンマイクロホン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーボンマイクロホンの関連キーワードマイクロホンエジソン接触抵抗補聴器送話器音圧

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android