コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウハーティ Gauhāti

世界大百科事典 第2版の解説

ガウハーティ【Gauhāti】

インド北東端アッサム州西部の商工業都市。人口58万4000(1991)。ブラフマプトラ川南岸にあり,北岸にも拡大しつつある。周辺は米,ジュートのほか綿花,油料作物を産し,ここで集散される。茶および綿花の加工,セッケン,製油などの軽工業が立地,前4~後3世紀のマウリヤおよびクシャーナ朝時代に,アッサムに栄えたカーマルーパ王国の都パラーギョティシャプラはここにあったといわれる。南西3kmのニラチャールの丘にはシバ神をまつるカーマーキヤー寺院があり,インド各地からヒンドゥー教巡礼者を集める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ガウハーティの関連キーワードグワーハーティシバ神

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android