コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガストリン産生腫瘍

1件 の用語解説(ガストリン産生腫瘍の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ガストリン産生腫瘍

 ガストリンを産生する腫瘍で,膵臓のランゲルハンス島に,またときには十二指腸に発生する.胃酸分泌が強く刺激され,胃潰瘍十二指腸潰瘍,空腸潰瘍を誘発する.セクレチンを投与すると正常の状態ではガストリンの血中濃度が低下するが,この患者では逆に上昇する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガストリン産生腫瘍の関連キーワードインスリノーマ膵臓ホルモンBリンパ球異所性ホルモンガス生成菌ケトン産生膵臓がん膵臓B細胞リンパ腫オートクライン仮説

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone