コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガストリン産生腫瘍

栄養・生化学辞典の解説

ガストリン産生腫瘍

 ガストリンを産生する腫瘍で,膵臓のランゲルハンス島に,またときには十二指腸に発生する.胃酸分泌が強く刺激され,胃潰瘍十二指腸潰瘍,空腸潰瘍を誘発する.セクレチンを投与すると正常の状態ではガストリンの血中濃度が低下するが,この患者では逆に上昇する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ガストリン産生腫瘍の関連キーワードゾリンジャー=エリソン症候群胃酸過多症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android