コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスペー半島 ガスペーハントウ

デジタル大辞泉の解説

ガスペー‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ガスペー半島】

Gaspé Peninsula》カナダ、ケベック州東端、セントローレンス川河口の南側にある半島。長さ230キロメートル、幅110~150キロメートル。1534年、フランスの探検家ジャック=カルチエが上陸し、カナダにおけるフランス領有が始まった。行政中心地はガスペー。フォリヨン国立公園や世界遺産に登録されたミグアシャ国立公園がある。ガスペジー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスペー半島
がすぺーはんとう
Gasp Peninsula

カナダ、ケベック州東端、セント・ローレンス川河口の南側を東に突き出ている半島。長さ230キロメートル、幅110~150キロメートル。森林に覆われた丘陵あるいは丘陵性山地が連なる。半島の中央部にはアパラチア山脈の続きにあたるシックショック山脈があり、標高1200メートルを超える部分がある。美しい海岸線と丘陵、釣りと猟のレクリエーション地である。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガスペー半島の関連キーワードストランドカルチエカナダ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android