コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス圧接 ガスあっせつ

大辞林 第三版の解説

ガスあっせつ【ガス圧接】

ガスの炎で金属を加熱し、接合面に圧力を加えて溶接する方法。鉄筋の接合に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス圧接
がすあっせつ
gas pressure welding

圧接部近傍にアセチレンバーナーを並べ、その加熱により継目を溶接温度にして圧力を加えて固着させる方法。日本では小工場で小径の電線管、自転車管をこの方法でつくることが多い。[志村宗昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガス圧接の関連キーワード鉄筋工事(建設業許可の一種)ガス溶接鉄筋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android