ガッチサラン油田(読み)ガッチサランゆでん(英語表記)Gach Saran oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッチサラン油田
ガッチサランゆでん
Gach Saran oil field

イラン西部の丘陵地に位置する,イラン最大級の油田。1927年アングロ・ペルシアン石油(→BP)がアバダンの東 225kmに発見し,1940年に生産を開始した。究極的可採埋蔵量は 150億バーレルと見積もられている。産油量は,1971年に日量 92万バーレル台の生産を記録して以後漸減の傾向にあるが,近年は発表されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android