コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッチサラン油田 ガッチサランゆでんGach Saran oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッチサラン油田
ガッチサランゆでん
Gach Saran oil field

イラン西部の丘陵地に位置する,イラン最大級の油田。1927年アングロ・ペルシアン石油(→BP)がアバダンの東 225kmに発見し,1940年に生産を開始した。究極的可採埋蔵量は 150億バーレルと見積もられている。産油量は,1971年に日量 92万バーレル台の生産を記録して以後漸減の傾向にあるが,近年は発表されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ガッチサラン油田

イランにある油田。1927年発見。規模同国最大級。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ガッチサラン油田の関連キーワードイラン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android