コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガットリング砲 ガットリングほう

大辞林 第三版の解説

ガットリングほう【ガットリング砲】

多銃身の回転式機関銃。発明者であるアメリカの医師ガットリング(R. J. Gatling1818~1903)の名にちなむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガットリング砲
がっとりんぐほう
Gatling gun

アメリカ、シカゴの医師R・J・ガットリング(1818―1903)が1861年に発明した多銃身機関銃がその原型。発射エネルギー利用の従来型に対し、外部動力による銃身の回転で発射速度を高めている。現代では油圧や電気動力を用い、1分間に4000発以上の弾丸を発射できる。アメリカ軍には、バルカン砲と名づけられた20ミリガットリング砲のほかに、各種の口径砲があり、ロシア、欧州でも同様である。ガットリング砲の特徴は大きな発射速度と広い面での制圧力にある。口径や高初速の弾丸を組み合わせることにより、性能の向上した戦闘機や装甲を強化した戦車に対抗しうるようになった。このほか外部動力を利用した砲にチェーン・ガンがある。[猪口修道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガットリング砲の関連キーワード発明者

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android