コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガネーシュ・ヒマール[山] Ganesh Himāl

世界大百科事典 第2版の解説

ガネーシュ・ヒマール[山]【Ganesh Himāl】

ヒマラヤ東部,マナスル山群の東,ネパールチベットの国境上にある山群。語源となったガネーシャは,象の頭をもつヒンドゥー教の英知の神。最高峰7406mを第1峰とし,第2峰ラプサン・カルボ7150m,第4峰パビール7102m,第6峰ランプ6480m,無名の第3峰7132m,第5峰6950m,第7峰6350mを含んで,7峰を数える。1949年イギリスティルマンが探査,53年ニュージーランド隊,54年日本隊が試登,55年フランススイス合同隊が主峰の初登頂に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone