コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガネーシュ・ヒマール[山] Ganesh Himāl

1件 の用語解説(ガネーシュ・ヒマール[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガネーシュ・ヒマール[山]【Ganesh Himāl】

ヒマラヤ東部,マナスル山群の東,ネパールチベットの国境上にある山群。語源となったガネーシャは,象の頭をもつヒンドゥー教の英知の神。最高峰7406mを第1峰とし,第2峰ラプサン・カルボ7150m,第4峰パビール7102m,第6峰ランプ6480m,無名の第3峰7132m,第5峰6950m,第7峰6350mを含んで,7峰を数える。1949年イギリスティルマンが探査,53年ニュージーランド隊,54年日本隊が試登,55年フランススイス合同隊が主峰の初登頂に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガネーシュ・ヒマール[山]の関連キーワードカトマンズネパールネパール語ヒマラヤ山脈マナスルヒマラヤヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊白籏史朗

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone