コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガビアルモドキ Tomistoma schlegelii; false gavial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガビアルモドキ
Tomistoma schlegelii; false gavial

ワニ目クロコダイル科のワニ。体長 3m内外であるが,5m近いものもある。背面は暗緑黄色または暗褐色で,胴から尾部にかけて暗色斑がある。吻部はきわめて細長い。後肢によく発達した蹼 (みずかき) をもつ。淡水生で,おもに魚類を捕食する。マレー半島ボルネオ島スマトラ島に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガビアルモドキ
がびあるもどき
false gavialSchlegel's garial
[学]Tomistoma schlegelii

爬虫(はちゅう)綱ワニ目クロコダイル科のワニ。別名マレーガビアル。クロコダイル科のなかでもとくに吻部(ふんぶ)が細長く、下あごの関節骨形状の共通性からガビアル属Gavialis、クチナガワニ属Mecistopsとともにガビアル亜科に含まれる。マレー半島、ボルネオ島、スマトラ島に分布し、全長4~5メートル、吻部は細長いが鼻骨は前上顎骨(がくこつ)と接する。淡水の河川や沼にすみ、魚類や小哺乳類(ほにゅうるい)などを食べる。吻部の形状、体色斑紋(はんもん)がガビアルに類似するためよく混同されるが、吻端が八角形ではなく、歯数も上下のあごとも片側に20個(ガビアルでは上あご29個、下あご26個)ぐらいである。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガビアルモドキの言及

【ガビアル】より

…ガビアルはヒンドゥー教徒によって聖なる神の使いとされてきたが,皮革用として密猟されまた卵が食用に供されるため,近年は生息数が激減し,政府の手で保護増殖が進められている。 マライガビアルとも呼ばれる東南アジア産ガビアルモドキTomistoma schlegelii(全長5m)は,外形や生態がガビアルに類似し,化石種の比較でもガビアルに近縁と考えられている。ワニ【松井 孝爾】。…

【クロコダイル】より

…性質の荒い大型種を含む爬虫綱クロコダイル科Crocodylidaeに属するワニ類の総称。アフリカ中南部,インド,熱帯アジア,ニューギニア,オーストラリア北部および熱帯アメリカの湖沼や河川の淡水に分布し,一部の種は海水中でも生活できメラネシア諸島に及んでいる。5属が含まれる。西アフリカ産の原始的なワニとされるコビトワニOsteolaemus tetraspisは,全長2m足らずの小型でおとなしいが,それ以外はすべて大型で性質が荒い。…

※「ガビアルモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガビアルモドキの関連キーワードマレーガビアルマチカネワニガビアル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガビアルモドキの関連情報