コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリレイ望遠鏡 ガリレイぼうえんきょう

百科事典マイペディアの解説

ガリレイ望遠鏡【ガリレイぼうえんきょう】

対物レンズに凸レンズ,接眼レンズに凹レンズを使った望遠鏡。像は正立し,倍率は凸レンズの焦点距離と凹レンズの焦点距離の比に等しい。視界が狭いので倍率3〜4倍どまりの小型双眼鏡(オペラグラス等)に使われる。
→関連項目屈折望遠鏡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のガリレイ望遠鏡の言及

【天体望遠鏡】より


[発明と発達]
 望遠鏡は1608年にオランダで発明されたが,09年にはG.ガリレイがこの話を聞いて自作し,天体観察に利用して種々の発見をした。彼の作った望遠鏡は凸レンズと凹レンズとを組み合わせたもので,ガリレイ望遠鏡(またはオランダ望遠鏡)と呼ばれ正立像ではあるが,狭視野のため現在ではオペラグラスくらいにしか使われない。2枚の凸レンズを組み合わせたものをケプラー望遠鏡と呼び,J.ケプラーが11年に発表したものである。…

【望遠鏡】より

…このオランダにおける望遠鏡の成功を聞いたガリレイは翌09年,理論的解析を行い,みずから望遠鏡を試作した。リッペルスハイからガリレイに至る望遠鏡は,凸の対物レンズと凹の接眼レンズの組合せであり,オランダ望遠鏡あるいはガリレイ望遠鏡と呼ばれている。像は正立するが視野の狭い欠点があり,現在ではオペラグラスに用いられる程度である。…

※「ガリレイ望遠鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報