視界(読み)シカイ

デジタル大辞泉の解説

目で見通すことのできる範囲。視野。「濃霧で視界がきかない」
考えや知識の範囲。「将来を視界に入れた発言」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 目で見通すことのできる範囲、区域。視野。
※囚はれたる文芸(1906)〈島村抱月〉二「忽ち一群の人数、彼方の闇より我等が視界の地平線に過り入ったり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の視界の言及

【視程】より

…空を背景にした目標の形を肉眼で確かめられる最大距離をいう気象学の用語。類似の用語に視界があるが,これは山や建物などにさえぎられずに見える範囲を意味する一般用語である。視程は水滴や細塵などの微粒子による大気の混濁状態によって変わるので,地表付近の大気の混濁の程度を距離で表したものと定義することもある。…

※「視界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視界の関連情報