ガルデル(読み)がるでる(英語表記)Carlos Gardel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルデル
がるでる
Carlos Gardel
(1887―1935)

アルゼンチン・タンゴの歌手。12月11日、フランスのトゥールーズに生まれる(異説もある)。4歳のとき母とともにブエノス・アイレスに渡り、働きながら歌とギターを習得して、1910年に歌手としてデビュー。11年ホセ・ラサーノと出会い、二重唱を組んで成功を収めた。のちソロ歌手として独立、17年『わが悲しみの夜』を録音して人気スターとなった。以後、レコードや映画に華々しい活躍を続け、不世出のタンゴ歌手として名声を博したが、35年6月24日、コロンビアのメデリン空港で飛行機事故で急逝した。[永田文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android