コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルトク

百科事典マイペディアの解説

ガルトク

ガルヤルサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガルトク【Gartok】

中国,チベット自治区南西部の鎮,現在のガルヤルサ(噶爾雅沙)。アリ地区ガル県の経済中心。インダス川上流ガルツァンポ川の峡谷にあり,清代にはチベット阿里部の中核として栄えた。1904年チベット・インド条約の締結により,ツォモ,ギャンツェ(江孜)とともに市場が開かれたため,シムラを経由して緑茶,砂糖など,インドとの交易がさかんとなった。1960年県成立後,政治中心はガル新村に移行した。【駒井 正一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルトク
がるとく / 大克

中国、チベット自治区南西部の鎮(ちん)、ガルヤルサの旧名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガルトクの関連キーワードガル(噶爾)県ギャンズェラサ条約

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android