コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑茶 りょくちゃ green tea

翻訳|green tea

9件 の用語解説(緑茶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑茶
りょくちゃ
green tea

茶葉を原料としてつくる嗜好飲料のうち,その葉を発酵させないまま,焙炉 (ほいろ) の上でもみながら乾燥してこしらえるもの。葉緑素の色があまり破壊されずに残るのでこの名がついている。玉露,煎茶,番茶,焙茶などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょく‐ちゃ【緑茶】

茶の若葉を摘んで蒸し、焙炉(ほいろ)の上でもみながら、葉の緑色を損なわないように乾燥させた茶。玉露煎茶抹茶など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

緑茶【りょくちゃ】

摘みとったチャの葉を蒸したり炒(い)ったりして加熱したのち,焙炉(ほいろ)中でもみながら乾燥したもの。葉中の酸化酵素の活動を停止させて葉緑素の分解を妨げているので緑色を保っている。
→関連項目カテキンチャ(茶)中国茶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

緑茶

 不発酵茶で,茶葉を収穫後,蒸気で蒸して酵素を失活させて製造.発酵茶が紅色から褐色をしているのに対して緑色であることが特徴.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょくちゃ【緑茶】

チャの生葉は,摘んだまま放置すると発酵して茶褐色に変色する。このため,摘んだ葉を直ちに加熱して葉に含まれている酵素の活力を失わせ,緑色を保たせた製品が緑茶で,日本と中国で作られている。加熱のしかたには蒸気で蒸す方法と釜で炒(い)る方法とがあり,日本ではほとんどが前者による蒸製である。中国の緑茶は後者による釜炒製で,日本では九州の一部でこの釜炒茶が作られている。 日本緑茶には,煎茶,玉露,挽茶(ひきちや),番茶,玉緑茶などの種類があり,玉緑茶以外はすべて蒸製である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょくちゃ【緑茶】

チャの若芽を蒸気で蒸して酸化酵素の働きを失わせ、緑色を保たせた茶。発酵させない茶。煎茶せんちや・抹茶まつちやなど、日本で普通に飲まれる茶。 → 紅茶

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

リューチャー【緑茶 (中国)】


中国茶の一種で、茶の葉を摘み取って、発酵が生じないようにただちに釜でいって加熱し、茶葉の色を緑色に保ったまま飲料用に加工したもの。不発酵茶にあたる。カテキンテアニンビタミン類を多く含み、代表的なものとして龍井茶(ロンジンちゃ)がある。

りょくちゃ【緑茶】


日本茶のうち、ツバキ科の常緑低木・茶の芽や葉を摘み取って、発酵が生じないようにただちに加熱し、葉の緑色を保ったまま飲料用に加工したもの。また、加工後の茶葉に湯を注いで成分を湯に浸出させたり、茶葉の粉末を湯に溶かしたりして作った飲み物。摘み取った芽や葉を蒸すか釜でいって発酵を止め、揉んで(抹茶は揉まずにそのまま)乾燥させて作る。煎茶、番茶、玉露、玉緑茶、抹茶などがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑茶
りょくちゃ

発酵(主として酸化)の少ない状態でつくられる茶。製造の第一工程で、茶葉を蒸気または火熱を用いて熱し、茶葉中にある酵素を失活させて酸化を防ぎ、固有の緑色を保たせるようにつくる。煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、抹茶(まっちゃ)、玉(たま)緑茶などがあり、日本で生産される茶の大部分は緑茶である。[桑原穆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の緑茶の言及

【飲料工業】より

…飲料はアルコール飲料と非アルコール飲料に大きく分類され,これらの製造業を飲料工業という。アルコール飲料すなわち類は清酒ビールウィスキーブドウ酒などがおもなもので,非アルコール飲料には炭酸飲料,果実飲料,濃厚乳酸飲料などの清涼飲料のほか,コーヒー紅茶緑茶などが含まれ,その裾野は広い。
[アルコール飲料]
 日本の酒税法では,アルコール分1度以上の飲料を酒類と定め,清酒,合成清酒,焼酎(しようちゆう),みりん,ビール,果実酒類,ウィスキー類,スピリッツ類,リキュール類,雑酒の10種類に分けている。…

【チャ(茶)】より

…温暖多雨の地方で栽培されるツバキ科の常緑樹(イラスト)。幼葉を摘んで加工し,緑茶,紅茶などの嗜好(しこう)飲料として古くから愛飲され,一部の地域では漬物の原料とする。 ツバキ属,チャ節に属する2変種からなる。…

※「緑茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緑茶の関連キーワードオダマキ烏竜茶付けっ放し放置気儘放題飲捨て生茶葉おもちゃのチャチャチャブドウ酢放置林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緑茶の関連情報