コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルワ Garoua

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルワ
がるわ
Garoua

アフリカ中部、カメルーン北部のサバンナ地帯にある都市。ニジェール川の支流ベヌエ川河岸に位置し、河港と国際空港をもつ。人口35万6900(2001推計)、57万3685(2010推計)でカメルーン第三の都市。周辺の平原に産する綿の加工やビール製造などの工場がある。南方約100キロメートルにバッファロー、カバ、ゾウなどが生息するブーバ・ジッダ、ベヌエ、ファロの3国立公園があり、市内には近代的ホテルがあって観光基地ともなっている。南方50キロメートルのラゴドにはベヌエ川をせき止めた発電用ダムがある。[門村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガルワの関連キーワードエドモンド・P. ヒラリーナンダデビ国立公園ナンダ・デビ[山]アマンクラット1世ナンダ・コート山バギラティ[川]ヤムナー[川]カメート[山]ナンダ・デビ山インド諸言語ヒマラヤ山脈カーメット山パハーリー語ナンダデビトリスル山ネパール

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android