コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンシュームポイント ガンシュームポイントGantheaume Point

2件 の用語解説(ガンシュームポイントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガンシューム‐ポイント(Gantheaume Point)

オーストラリア、西オーストラリア州北部の町ブルームの西郊にある岬。ケーブルビーチ南端に位置する。赤い岩肌の海岸に、白亜紀の恐竜の足跡が残っていることで知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ガンシュームポイント【ガンシュームポイント】
Gantheaume Point

オーストラリア西オーストラリア州北部のブルームの南西突端にある岬。大陸中央部で見られる赤い土と同じ色をした巨大な砂岩が幾重もかさなり合い、トルコブルーの海と不思議コントラストをつくる。白亜紀のディノサウルスの足跡があることで有名である。恐竜の足跡は引き潮時のみ現れる。崖の頂上には足跡の石膏模型が造られている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone