コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンゼキラン Phajus flavus (Bl.) Lindl.

1件 の用語解説(ガンゼキランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガンゼキラン【Phajus flavus (Bl.) Lindl.】

日本の暖帯以南の常緑樹林の林床に生える地生ラン(イラスト)。大型の黄色い花と唇弁の黄褐色の縁どりが印象的なラン科植物。偽球茎は楕円体状で,長さ4~8cm,その上部の茎は葉鞘(ようしよう)に包まれ目立たない。葉は3~5枚,葉身は長楕円形で長さ20~40cm,幅5~8cm,縦じわがあり,葉鞘は長さ20~30cm。花茎は偽球茎の基部より側生し,高さ40~60cm,10~20花を4~7月につける。花は黄色,直径約5cm,開出または半開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガンゼキランの関連キーワード温帯林夏緑樹林常緑樹赤樫姥百合下がり花暖帯林雌蛭木林床草海桐花

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone