コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンゼキラン Phajus flavus (Bl.) Lindl.

世界大百科事典 第2版の解説

ガンゼキラン【Phajus flavus (Bl.) Lindl.】

日本の暖帯以南の常緑樹林の林床に生える地生ラン(イラスト)。大型の黄色い花と唇弁黄褐色の縁どりが印象的なラン科植物。偽球茎は楕円体状で,長さ4~8cm,その上部の茎は葉鞘(ようしよう)に包まれ目立たない。葉は3~5枚,葉身は長楕円形で長さ20~40cm,幅5~8cm,縦じわがあり,葉鞘は長さ20~30cm。花茎は偽球茎の基部より側生し,高さ40~60cm,10~20花を4~7月につける。花は黄色,直径約5cm,開出または半開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガンゼキランの関連キーワードコケイラン(小蕙蘭)