コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーガラ川 ガーガラがわGhāghara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーガラ川
ガーガラがわ
Ghāghara

中国,チベット (西蔵) 自治区のランガ湖南方に源を発し,ネパール西部およびインド北部を流れるガンジス川の支流。長さ約 960km。ネパールを流れる上流部はカルナリ川と呼ばれる。ヒマラヤ,マハーバーラトレク両山脈に峡谷をつくって南下し,インドのウッタルプラデーシュ州の平野に入ってからは南東に流れ,ファイザーバードを経てチャプラ付近でガンジス川に注ぐ。ジャムナ川に次ぐガンジスの大支流でウッタルプラデーシュ州東部の商業上重要な水運として利用され,流域に灌漑水路の建設が進行している。おもな支流はサルダ川とラプティ川。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガーガラ川の関連キーワードアヨーディヤーゴラクプルチャープラバスティドアーブ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android