ガーゴイル

とっさの日本語便利帳の解説

ガーゴイル

本来は、ゴシック建築動物などをかたどった雨水を落とすための吐水口。日本では樋嘴(ひばし)といい、公園などの噴水水回りに取り入れられている。動物や怪獣人物の頭を擬することが多く、いずれも口を開けて水を吐き出しているのが特徴。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ガーゴイル【gargoyle】

ゴシック建築の屋根にある、怪物をかたどった雨水の落とし口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のガーゴイルの言及

【樋】より

…【高橋 康夫】
[西洋]
 ギリシアやローマの神殿では,樋は軒のコーニスが兼ねており,雨水は軒の隅に据えられた獅子の頭の形の彫刻の口から地面に吐き出された。中世建築ではこの水の吐き出し口はガーゴイルgargoyleとよばれ,鳥や獣,怪獣の姿をした彫刻が施された。住宅や宮殿では雨水は中庭側に集めて排水することが多く,外観に樋が現れることは少ない。…

※「ガーゴイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガーゴイルの関連情報