コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガール県 ガールGard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガール〔県〕
ガール
Gard

フランス南部,ラングドックルーシヨン地域 (レジオン) の県。ローヌ川右岸とセベンヌ山脈にはさまれる。県都ニーム。北西部はセベンヌ山脈で,ロゼールとの県境のエグアル峰は標高 1567m。耕地が狭く農業も衰退を続ける過疎地帯である。この山地からローヌ川下流域に向ってガリーグ地方の乾燥した石灰岩台地が広がり,ローヌ下流部の支流ガール川などが深い峡谷を刻み,美しい景色で知られる。植林も行われているが,農業は小盆地内の果樹・ブドウ栽培のみ。この台地東側のローヌ河谷はブドウ栽培が行われてきたが,近年はラングドック用水建設により,野菜・果樹栽培に変りつつある。最南端はローヌ川三角州西部,プティローヌ川流域の湿地帯で地中海にのぞむ。工業ではニーム周辺の軽工業のほか,セベンヌ山麓のアレス,ラグランコンブ,西部ルビガンなどの炭田,鉱山地区を中心とする金属工業が重要。アレスは繊維工業の中心でもある。沿岸地方ではエグモルトの製塩がある。面積 5853km2。人口 58万 5049 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガール県の関連キーワードアンドレ(Maurice André)ジード(Charles Gide)ビルヌーブレザビニョンリュシアン クートーG. ドゥーメルグローラン ブランポンデュガールエーグ・モルトエグ・モルトメゾンカレードゥーメルグC. ジードボーケールサン・ジルクートーサンジルアレースユゼス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android