コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクイモモドキ Heliopsis helianthoides (L.) Sweet

世界大百科事典 第2版の解説

キクイモモドキ【Heliopsis helianthoides (L.) Sweet】

キク科の多年草で,ヒメキクイモともいう。別属の地下に塊茎のあるキクイモに似て,塊茎をもたないところからこの名がつけられた。北アメリカ原産で,オンタリオフロリダイリノイ州などに分布し,日本へは明治中期に渡来した。草丈1.5mに達し株もとより分枝して叢生(そうせい)して茂り,全株無毛,粗い鋸歯のある卵状の葉を対生する。7月から10月へかけて,茎頂に径5cm前後の黄色頭状花を散房状に数多く咲かせる。矮性pitcheriana種が多く栽培されるが,大輪のgrandiflora種もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キクイモモドキの関連キーワードヘリオプシスキク科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android