キクイモモドキ(英語表記)Heliopsis helianthoides (L.) Sweet

世界大百科事典 第2版の解説

キク科の多年草で,ヒメキクイモともいう。別属の地下塊茎のあるキクイモに似て,塊茎をもたないところからこの名がつけられた。北アメリカ原産で,オンタリオ,フロリダ,イリノイ州などに分布し,日本へは明治中期に渡来した。草丈1.5mに達し株もとより分枝して叢生(そうせい)して茂り,全株無毛,粗い鋸歯のある卵状の葉を対生する。7月から10月へかけて,茎頂に径5cm前後の黄色頭状花を散房状に数多く咲かせる。矮性pitcheriana種が多く栽培されるが,大輪のgrandiflora種もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android