コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクビカミキリモドキ きくびかみきりもどき

1件 の用語解説(キクビカミキリモドキの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクビカミキリモドキ
きくびかみきりもどき / 黄頸擬天牛
[学]Xanthochroa atriceps

昆虫綱甲虫目カミキリモドキ科に属する昆虫。日本各地の山地帯のほか南千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布するが、とくに北海道に多い。体長8~12ミリメートル。細長い体をもち、頭、体下面、脚(あし)の大部分が黒いが、前胸と腹部末端は橙黄(とうこう)色、上ばねは青い金属光沢をもち両側が平行し長い。幼虫は朽ち木中で育ち、成虫は夏に現れ、夜間灯火によく飛んでくる。人体に止まったものをこすったり、つぶしたりすると体液が出て皮膚にみみずばれ(水疱(すいほう))ができる。同属種は日本に20近くいる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキクビカミキリモドキの言及

【アオカミキリモドキ】より

…幼虫で越冬し初夏のころ朽木中で成虫となる。Xanthochroa属は日本から17種が知られているが,キクビカミキリモドキ,カトウカミキリモドキ,シリナガカミキリモドキなどは本種に似る。北海道の山間では灯火に集まるキクビカミキリモドキX.atricepsによる皮膚炎の被害が多い。…

※「キクビカミキリモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone