コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサンチン尿症 キサンチンにょうしょうxanthinuria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キサンチン尿症
キサンチンにょうしょう
xanthinuria

プリンの代謝産物であるキサンチンが尿中に多量に存在している状態で,先天性の代謝異常である。原因はキサンチンを酸化して尿酸にする酵素 (キサンチンオキシダーゼ) の欠如,または腎臓でのキサンチンの排出亢進によると考えられている。ときにキサンチン結石の原因になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキサンチン尿症の言及

【キサンチン】より

…キサンチンはプリン塩基の一つであり,生体内ではアデニン,ヒポキサンチン,グアニンなどから脱アミノ,酸化等の反応によって生成し,さらにキサンチンオキシダーゼによって尿酸に酸化される。キサンチン尿症は,この酵素の欠落によって生じる遺伝的代謝異常症の一つである。キサンチンの1,3,7‐トリメチル体はコーヒー等に含まれているアルカロイドの一種カフェイン,3,7‐ジメチル体は薬理作用をもつテオブロミンである。…

※「キサンチン尿症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android