キシラ島(読み)キシラとう(英語表記)Nísos Kíthira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシラ島
キシラとう
Nísos Kíthira

古代ギリシア語読みではキュテラ Kythēra。ギリシア,ペロポニソス半島南端沖にある島。山がちな島で,中心集落は南岸のキシラ。主産業は農業で,コムギオオムギブドウオリーブなどが栽培される。女神アフロディテが誕生後上陸した島といわれる。面積 278km2。人口 3469 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android