コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシラ島 キシラとうNísos Kíthira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キシラ島
キシラとう
Nísos Kíthira

古代ギリシア語読みではキュテラ Kythēra。ギリシア,ペロポニソス半島南端沖にある島。山がちな島で,中心集落は南岸のキシラ。主産業は農業で,コムギオオムギブドウオリーブなどが栽培される。女神アフロディテが誕生後上陸した島といわれる。面積 278km2。人口 3469 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キシラ‐とう〔‐タウ〕【キシラ島】

KythiraΚύθηρα》⇒キティラ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android