コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジカクシ(雉隠) キジカクシAsparagus schoberioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キジカクシ(雉隠)
キジカクシ
Asparagus schoberioides

ユリ科の多年草。山地の草地に自生し,茎は高さ 50~100cm,円柱状で稜線をもつ。葉は細い枝のものでは白い膜質の鱗片に退化し,幹と太い枝のものでは逆方向を向いたとげになっている。葉状枝は3~7本ずつ束生し,そのひとつひとつは3稜をもつ鎌形をしている。5~6月に,葉腋に3~4個ずつの白色の小花をつける。花被片は6枚。果実は液果で赤熟する。同属アスパラガスはヨーロッパ原産で,幼茎を食用にするために栽培されている。また観葉植物として植えられるシノブボウキ A. plumosusも同属の植物で,やはり単にアスパラガスの名で呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android