キジカクシ(雉隠)(読み)キジカクシ(英語表記)Asparagus schoberioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キジカクシ(雉隠)
キジカクシ
Asparagus schoberioides

ユリ科の多年草。山地の草地に自生し,茎は高さ 50~100cm,円柱状で稜線をもつ。葉は細い枝のものでは白い膜質の鱗片に退化し,幹と太い枝のものでは逆方向を向いたとげになっている。葉状枝は3~7本ずつ束生し,そのひとつひとつは3稜をもつ鎌形をしている。5~6月に,葉腋に3~4個ずつの白色の小花をつける。花被片は6枚。果実は液果で赤熟する。同属アスパラガスはヨーロッパ原産で,幼茎を食用にするために栽培されている。また観葉植物として植えられるシノブボウキ A. plumosusも同属の植物で,やはり単にアスパラガスの名で呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android