コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジ科 きじか

世界大百科事典内のキジ科の言及

【家禽】より

…おもな家禽とその祖先である野生種は次のとおりである。 (1)キジ科 ニワトリ(セキショクヤケイなどをインドで約5000年前に馴化(じゆんか)),ウズラ(野生のウズラを日本で江戸時代に馴化),シチメンチョウ(ヤセイシチメンチョウを北アメリカで原住民が馴化し,16世紀にヨーロッパへ紹介),ホロホロチョウ(野生のホロホロチョウを西アフリカで馴化)。(2)ガンカモ科 アヒル(マガモを北半球の各地で馴化),ガチョウ(サカツラガンを中国で,ハイイロガンをエジプトで馴化,ヨーロッパで改良),バリケン(ノバリケンをペルーで馴化)。…

※「キジ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キジ科の関連キーワード豹紋七面鳥尾白団扇雉赤足岩鷓鴣灰色野鶏蝦夷雷鳥冠古林鶉赤色野鶏尾白虹雉赤茶鷓鴣青襟野鶏樺太雷鳥襟巻雷鳥髪長鷓鴣印度孔雀西蔵山鶉緋縅綬鶏蓑曳矮鶏尾白雷鳥冠珠鶏冠鷓鴣

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android