コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセルガイモドキ

2件 の用語解説(キセルガイモドキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キセルガイモドキ

キセルガイモドキ科の陸産巻貝。高さ3cm,径1cm,体色は淡褐色だが,地方的,個体的に変異がある。キセルガイが左巻きであるのに対し右巻きで,殻口にひだやくびれがない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キセルガイモドキ
きせるがいもどき / 擬煙管貝
bulin snail
[学]Mirus reinianus

軟体動物門腹足綱キセルガイモドキ科の巻き貝。陸産種で、キセルガイ科が全種左巻きなのに対し本種は右巻きである。北海道南部以南の全国の林間にすみ、樹幹の低い所をはっていたり、落ち葉の下に潜む。殻高30ミリメートル、殻径10ミリメートルぐらいの短紡錘形。殻は灰褐色で、8~9階の螺層(らそう)がある。殻口は広く、外唇は白く肥厚する。キセルガイ科のような殻口内のひだはない。卵生で、この科の日本産種は8種知られている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キセルガイモドキの関連キーワードエスカルゴ梅擬キセル貝蠍擬擬蟷螂擬天牛鼈擬鶴擬風鈴梅擬エゾボラモドキ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone