キナメツムタケ(黄滑紡錘茸)(読み)キナメツムタケ(英語表記)Pholiota spumosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナメツムタケ(黄滑紡錘茸)
キナメツムタケ
Pholiota spumosa

担子菌類マツタケ目モエギタケ科のキノコ。夏秋の頃,腐った幹の上やその周辺の地上に固まって生える。傘は径3~7cmで丸山形,のちに平らに開く。表面は硫黄色ないしは帯緑黄色,中央は黄褐色。柄は高さ4~8cm,帯黄色,基部は少し太くなり褐色を帯びる。食用になる。北海道,本州に知られ,北アメリカヨーロッパ,小アジアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android