コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キナメツムタケ(黄滑紡錘茸) キナメツムタケPholiota spumosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キナメツムタケ(黄滑紡錘茸)
キナメツムタケ
Pholiota spumosa

担子菌類マツタケ目モエギタケ科のキノコ。夏秋の頃,腐った幹の上やその周辺の地上に固まって生える。傘は径3~7cmで丸山形,のちに平らに開く。表面は硫黄色ないしは帯緑黄色,中央は黄褐色。柄は高さ4~8cm,帯黄色,基部は少し太くなり褐色を帯びる。食用になる。北海道,本州に知られ,北アメリカヨーロッパ,小アジアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android