コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キニク学派 キニクガクハ

大辞林 第三版の解説

キニクがくは【キニク学派】

ギリシャ kynikos(「犬のような」の意)〕
アンティステネスを祖とする古代ギリシャの哲学の一派。幸福とは外的な条件に左右されない有徳な生活であるとし、無所有と精神の独立を目指したため反文化的な乞食生活を送る者もいた。シノペのディオゲネスが有名。犬儒学派。キュニコス学派。 → シニシズム

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キニク学派
きにくがくは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キニク学派の関連キーワード小ソクラテス学派シニシズムシノプ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android