犬儒学派(読み)ケンジュガクハ

精選版 日本国語大辞典の解説

けんじゅ‐がくは【犬儒学派】

〘名〙 (「犬儒」はkynikos (「犬のような」の意)の訳語。古代ギリシアの哲学者シノペのディオゲネスがみすぼらしい身なりで町をさまよい歩き、樽(たる)を住居として「犬のような生活」を送ったことからいう) 哲学の学派の一つでキュニコス派の異称。アテナイのアンティステネスを祖とし、認識より実行を重んじ、欲望をおさえ、慣習や文化から独立した自然の生活をすることが正しいとした学派。キニク学派。犬儒派。
※善の研究(1911)〈西田幾多郎〉三「実行的方面を代表する者は所謂犬儒学派であらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の犬儒学派の言及

【キュニコス学派】より

…犬儒学派,皮肉派ともいう。ソクラテスの弟子アンティステネスの創唱した古代ギリシア哲学の一派。…

※「犬儒学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android