キビタス(英語表記)civitas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キビタス
civitas

一般的には古代ローマにおいて市民権,都市,地方行政区,国家を意味する言葉。具体的には帝政期属州の民会,政務官を有する自由都市 (→ムニキピウム ) ,あるいは古ゲルマン人の部族共同体をさした。後者も民会を有し,歴史家タキツスによれば五十余の存在が知られている。また中世初期,ローマ時代の都市が司教座所在地となったとき,キビタスの名称が受継がれた。キビタスは人的集合体を意味する点で,権力装置としての国家 stato(state)とは異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android