コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キビタス キビタスcivitas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キビタス
civitas

一般的には古代ローマにおいて市民権,都市,地方行政区,国家を意味する言葉。具体的には帝政期属州の民会,政務官を有する自由都市 (→ムニキピウム ) ,あるいは古ゲルマン人の部族共同体をさした。後者も民会を有し,歴史家タキツスによれば五十余の存在が知られている。また中世初期,ローマ時代の都市が司教座所在地となったとき,キビタスの名称が受継がれた。キビタスは人的集合体を意味する点で,権力装置としての国家 stato(state)とは異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キビタス
きびたす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キビタスの関連キーワードテリトリウム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android